税金等調整前当期純利益

税金等調整前当期純利益とは税引前当期純利益ともいわれるものです。経常利益+特別利益-特別損失で求められるものです。企業の経営活動に加えて臨時的、偶発的な利得、損失や過年度損益修正を反映し、当期における企業の資本ないし純資産の増減額を示す最終的な指標といえるものです。ここから法人税、住民税、および事業税を控除した額が当期純利益となります。いわば課税価格の基本となるのがこの税引き前当期純利益というものです。この額をみれば当期にどれだけ企業が利益を稼ぎだしたかが分かります。利益はこの他にも売上げから売上げ原価を控除した売上げ総利益と売上総利益から販売費および一般管理費を引いた額である営業利益、営業利益に営業外利益と営業外費用とを加減した額である経常利益があります。売上げ高を見るには売上げ総利益が本業の儲けを見たいなら営業利益が営業外活動を含めた利益を見たいなら経常利益とそれぞれの見方があります。この税引前当期純利益の見方としては当期に何が起こったかを正確に知ることができるという点にあります。起業活動は様々なことが起こります。それは想定内のことだけでなく想定外のことも起こります。そのことをこの指標はよく伝えてくれるのです。

コメントは受け付けていません。