証券コードと事業内容

証券取引所に上場されている株式銘柄に付けられている4桁数字コードですが、この番号は証券コード協議会の登録商標になっていて、銘柄コード以外に、ISINコード、証券会社などの標準コードなどがあります。
当初はある程度業種ごとに番号が振り分けられていたのですが、上場銘柄が増え、番号が不足してきて最近の新規銘柄には2000番から4000番が降りあてられるようになってきました。当初の割り当てルールでは1300番台:水産・農業、1500番台:鉱業、1600番台:鉱業(石油/ガス開発)、1700番台~1900番台  建設、2000番台:食品、3000番台:繊維・紙、4000番台:化学・薬品:5000番台:資源・素材、6000番台:機械・電機、7000番台:自動車・輸送機、8000番台:金融・商業・不動産、9000番台:運輸・通信・電気・ガス・サービスとなっていました。
一方、割り当てられた後に登録されている会社が事業内容の変更で業種を変える場合もあり、銘柄コードの先頭を見て業種が正確に判断できるとは限らなくなってきました。また、海外の証券取引場で使用される、証券に与えられたコードを示す場合もあります。ニューヨーク証券取引所とかNASDAQではローマ字で銘柄名を示すティッカーシンボルという記号も使われています。

コメントは受け付けていません。