本文と株主

お金03「会社四季報」は東洋経済新報社から、「日経会社情報」は日本経済新聞社から発売されており、両者ともその発売日時期は3,6,9,12月となっています。
本文には会社の経営状況や見通し等が書かれています。「会社四季報」での一番のメインとなる部分です。
前半と後半に分かれ、それぞれ記者のコメントがありますが、その解説内容が異なります。前半には今後一年間の見通しについて書かれており、比較的短期的な視点でのコメントがのせられています。後半には中期の展望や新製品などの材料、会社の課題について書かれています。
コメントを読む際に注意したいのが、見出しです。【一億円】【戦略】など各社まちまちな単語が目を引きます。その企業の現状を的確に表しているのが見出しです。
大株主欄には株式を多く持っている上位10位までがのっているので、誰がどれくらい企業の株を持っているか知ることができます。また、株式保有率から子会社や持分法適用会社など、企業との関連性を知ることができます。株主の構成をみると、外国人、そしてビッグプレイヤーとして扱われ、株価の上昇や下落に大きな影響を与えるという投資信託に人気があるのかどうかを知ることもできるのです。

コメントは受け付けていません。