営業利益

株というのは会社の価値を表します。なので会社の利益が多くなればなるほどその価値も多くなります。と、なれば営業利益という情報は株式投資をやるにあたっては大事な情報であるでしょう。ただ売上=利益というわけではありません。というのもこの利益は当然何の出費もせずに出せるわけではないので、まずはそのために費用をかけることになります。どのような費用をかけるかは会社によって変わってきますが、どちにせよ何らかの費用をかけることは間違いはないことです。そして売上が出るとそこからその売上を出すために消費した費用を差し引きます、これがその情報に該当するものとなります。ここで重要なのが利益と費用の関係であり、当然利益を出すには売上を大きくする必要がありますが、そのために費用を大きくかけるとその分利益を下がります。しかしかといって費用を出さないことには利益を出すことはできません。なのでこうした情報で見るべきは利益と費用の割合であり、費用の割合がそこまで多くなく、利益の割合が多いところは運営の手腕が高いということで、株式投資に期待できる会社と判断することができます。もちろんこの情報だけでなく他の情報も見て判断する必要があることも忘れてはいけません。

コメントは受け付けていません。